内診って何?どういうことをするの?

婦人科診療にあたり「内診」は外陰部や膣、子宮、卵巣の異常、不正出血がどこから起こっているのかなど、 多くの情報を得られる重要な診察です。主に視診(膣鏡診)と触診があり、リラックスして受ければ、2,3分で あっという間に終わる内容ですが、性体験がない場合やどうしても内診に抵抗のある患者様は、お申し出くだされば血液検査、超音波断層装置などをうけてから、納得の上でお考え下さればと思います。 当クリニックでは下半身にかけるバスタオルを用意しておりますし、できるだけ患者さまのプライバシーを考えております。